合宿免許についての解説

普通自動車免許は、自動車を購入する予定がなくても取っておいて損はありません。

身分証明書としても使えますし、必要に応じてレンタカーを利用することもできます。

また、就職活動で若干有利に働いたり、就職先によっては後々必要に迫られる場合もあります。


普通自動車免許を取得するためには十分な空き時間が必要となりますので、社会に出てからではなく、学生時代のうちに取っておかれることを推奨致します。

普通自動車免許を取得するには2種類の方法があります。

一つは教習所へと通う方法です。

大きな特徴は予約制で、自分で教習を受ける日時を選択することができます。

免許取得までの期間はかかりますが、自分のペースで少しずつ進めることができるのがこの方法になります。



また、一般的で利用者が多いのもこちらです。
もう一つは合宿免許に参加する方法です。

その名の通り、運転免許取得のための合宿に約2週間参加します。教習所に通うのと違ってまとまった休暇が必要となりますが、その分短期間で免許取得が可能になります。免許取得の方法を知ってもらったところで、ここからは一般的にあまり知られていない合宿免許について詳しく解説していきます。まず、合宿免許ならもっと早く取れないのかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、それには理由があります。
その理由とは1日の技能教習が2時限まで、仮免許取得後の路上教習は3時限までと決められているからです。



これは教習所に通われた場合も同様です。

そのため合宿免許でもAT車で最短13日かかってしまいます。



しかし教習所に通うことを考えるとものすごく早いと言えます。

合宿免許には取得期間が早い他にもメリットが多いです。

まず、免許取得にかかる費用が安くなります。
宿泊施設に3食付きでも教習所より料金が安く、教習所に通う場合にかかる交通費もまるまる浮きます。それに合宿だからといって窮屈な思いをすることもありません。

自由時間は多いですし、プランによっては1人部屋や相部屋の選択もできます。
また、最近ではインターネット設備のある宿泊施設を使われている所も多くなっています。


合宿免許の参加者は学生が多いですので歳の近い人でしたら友達もできます。

私も参加した時に知り合った人と今でもネット友達として付き合っています。
このように合宿免許を利用するメリットは多いですので、まとまった休暇を取れる方なら合宿免許がお勧めです。


Copyright (C) 2015 合宿免許についての解説 All Rights Reserved.